デイサービス 派遣看護師

老人病院のパートは職場によって当たり外れが大きい((+_+))

病院といってもいろいろある中、私は子育て中だけでなく、父親の介護もあったので、出来るだけハードでない職場と思って、老人病院のパートを選びました。

 

老人病院だと病院の雰囲気もゆったりとしているだろうし、高度な看護技術もあまり必要でないだろうし、残業もないだろう、と勝手に思ってしまっていたんですよね。

 

でも、働いてみると、職員の数が十分でないために、てんやわんやの大忙し。休みも希望通り取れず、残業もよくあって、夜勤なしでお願いしていましたが、やはり頼まれることがあります。

 

病院の事情が分かっているだけに断れないんですよね。

 

良かった点は自宅に近く、通勤に時間がかからないことぐらいです。介護系の職場で働く看護師仲間に聞くと、やはり、この高齢化社会になった今はスタッフ不足は深刻みたいです。

 

介護の労がとても大きい上に、時給も安いので、介護士さんなんかも定着せず、看護師も介護士の仕事をサポートしながら、という感じで、自分の仕事に集中出来ないことが多いみたいです。

 

一方で、十分なスタッフ数とより良い労働環境を目指して、良い看護医療サービスを提供している病院もあります。

 

私も出来ればそういうところで働きたいと思っています。

 

もちろんそういう病院だと職員は長く働きたいと思うので、離職される方も少なく、あまり求人が出ないみたいですが、いろいろ調べて、良いタイミングで良い職場とも出会えるかもしれないので、常に情報収集はしています。

 

ご高齢の方と毎日接していると、同じ年齢生きていても、これほどまでに差があるのかなと思うことがあります。

 

私の母は、まだ現役バリバリで働いていて、おかげで家の中は暗くならなくて済んでますが、母と同じ年齢の方で病院に入院されている方もいて、認知症などの症状もあったりすると、本当に何か予防出来ることはないのか、どうやったらそのような予防を啓発していけるのか、と考えてしまいます。